【人気記事】Kindle Unlimitedの始め方・使い方〜電子書籍が読み放題

【2022年版】iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜便利なアクセサリ・周辺機器

iPhone 14 Pro 開封

2年間愛用したiPhone 12 Proを、iPhone 14 Proに買い替えました。

iPhone 14 Pro 開封
筆者のiPhone 14 Pro。カラーはスペースブラック、容量は256GBを選択。

iPhoneは2年おきに買い替えています。開封は毎回ワクワクしますね。

今回のモデルからカメラ性能が上がったのよね。

前モデルに比べ、撮影画素数が大幅にアップしました。大きな3つの背面レンズが特徴です。

その分、厚みも増したみたいね…

タップできる目次

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム

iPhoneを買い替えたとき、とりあえず必要なものって何?

ガラスフィルムとケースですね。落として割れると、高い修理費がかかりますので…

フィルム
NIMASO ガラスフィルム

やっぱり、画面にフィルムは貼った方が良いの?

落下した時の衝撃から守るため、私はガラスフィルムを使っています。
傷も付きにくくなりますよ。

ガラスフィルムのおすすめってある?

NIMASOのガラスフィルムをおすすめします。
高性能でコスパに優れているので、私は機種変更のたびに買っていますよ。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NIMASO ガラスフィルム
NIMASOのガラスフィルム。黒い袋の中にはウェットワイプ・クロス・埃除去シールが入っている。右端の白い枠は貼り付け用のガイド。

ガラスフィルムは傷や衝撃からiPhoneを守ってくれるアイテムです。
一般的な保護フィルムに比べてやや厚みがありますが、その分しっかりと画面を守ってくれます。

貼り付け用のガイドで位置を合わせます。ズレや気泡を気にせずに貼ることができます。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NIMASO ガラスフィルム
貼り付け用のガイドが同梱されているので、ズレることなく貼れる。

ガラスフィルムって、お値段がそこそこするのが難点よね…

まあまあ。画面が割れた時の修理代に比べれば安いもんです。

ケース
NOMAD 手帳型レザーケース

iPhone 14 Pro 背面カメラ

カッコいいケース付けてるね。

NOMADのレザーケースです。本革の手触りが気に入っています。
画面保護のため、手帳型ケースを使っています。
カードや免許証を持ち運べるのが良いですね。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NOMAD 手帳型レザーケース
NOMADのレザーケース。iPhoneにぴったりのサイズ。手帳型なので、iPhone本体の両面を衝撃から守ってくれる。

手帳型ケースの良いところは、広い画面をしっかり保護してくれるところ。画面が下に落下しても守ってくれます。

内側のカード入れには3枚のカードが入ります。さらにその裏にはフリーポケットが1つ。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NOMAD 手帳型レザーケース
内側のカード入れに、筆者はクレジットカードと免許証を入れている。カード入れの下に、フリーポケットもある。

バンパーの素材は柔らかく、落下時の衝撃を受け止めてくれます。

MagSafeにも対応しているので、後述のMagSafe充電器が使えます。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NOMAD 手帳型レザーケース
真ん中の丸が、MagSafe対応の証。

充電器
Apple MagSafe充電器

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜Apple MagSafe充電器
MagSafe充電器はApple純正のワイヤレス充電器。iPhone本体に磁石でピッタリと貼り付く。

Apple製のワイヤレス充電器です。純正品なので安心して使えますよ。

ワイヤレスだと、いちいちケーブルにつながなくて良いから便利よね。

充電器の上に置くだけで良いですからね。
この充電器は、iPhone本体の充電部分に磁石でピッタリと貼り付くので、確実に充電できます。

位置合わせを気にしなくて良いのね。さすが純正品ね。

AppleのMagSafe充電器は、後述のAirPods Proもワイヤレス充電できるので、両方使う人は特に持っておきたいアイテムですね。

ケースを付けたままでも充電できるの?

分厚いケースでなければ付けたままでも大丈夫ですよ。ただし、磁力は若干落ちますが…
ピッタリくっつけたい方は、MagSafe対応のケースを使った方が良いです。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜NOMAD 手帳型レザーケース
前述のNOMADレザーケースはMagSafe対応。磁石でピッタリくっつく。

なお、この充電器には電源アダプターが付属していません。電源側の端子はUSB-C。筆者はAnkerのアダプターにつなげて使っています。

Anker PowerPort III Nano 20W

どちらにしても、iPhone 14 Proには充電器が付属していないので、このようなUSB電源アダプターを一つ持っておくと良いですよ。

モバイルバッテリー
Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W

外出先ではどうやって充電するの?

Ankerのモバイルバッテリーを使っています。今使っているのは、このバッテリーです。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W
PowerCore 10000 PD Redux 25W(写真右)。iPhone本体よりコンパクト。

コンパクトで使いやすそうね。デザインもかわいいし。

カバンの中でかさばらないので重宝しています。ストラップ付きなので、使いやすいですよ。

Ankerはモバイルバッテリーの定番メーカー。高性能かつコスパに優れた商品が多いです。

筆者が使っているPowerCore 10000 PD Redux 25Wは、10000mAhと大容量。Power Deliveryにも対応しています。

このバッテリーは急速充電に対応しているので、あっという間にiPhoneを充電できます。大容量なのも◎ですね。

ちなみに、バッテリー自体の充電には、前述のAnker PowerPort III Nano 20Wを使っています。

イヤホン
AirPods Pro

今回のモデルもイヤホン端子がついてないのね。外で音楽を聴きたいのに。

純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズがおすすめです。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜AirPods Pro

人気のイヤホンよね。街でもよく目にするわ。

iPhone 14 Proにはヘッドホン端子がありません。外出先でも音楽を楽しみたい方は、AirPodsを使ってみましょう。

AirPodsはコード類がないワイヤレスイヤホン。動きながら使ってもケーブルが引っかかることはありません。

また、iPhoneと同じApple社からリリースされている製品なので、接続がスムーズです。ケースから取り出すだけで、iPhoneとつながります。わずらわしい接続作業は必要ありません。

コード類が邪魔にならず接続が簡単。移動中にiPhoneで音楽を聴くのにぴったりなイヤホンです。

上位モデルのAirPods Proには、外部の音をシャットダウンしてくれるノイズキャンセリング機能や、逆に外部の音を聞こえやすくする外部音取り込みモードが内蔵されています。

Proモデルはテレワークでも活躍してくれます。

あわせて読みたい
【AirPods Proレビュー】趣味に仕事に毎日使える高性能おすすめワイヤレスイヤホン AirPods Proは、公私問わず、毎日の生活に便利なイヤホンです。やや割高感がありますが、機能性が高く、毎日使うことを考えると、コスパの良いワイヤレスイヤホンです。
あわせて読みたい
AirPods Proでテレワークの「音」を改善〜オンライン会議・デスクワークに活用する方法 AirPods Proは、軽く小さなボディで高機能。デスクワークに集中したいときや、オンライン会議など、在宅勤務の便利ツールとして活躍してくれます。

iPhoneのおすすめの聴き放題アプリは?

音楽アプリって、1曲ずつ買うより、聴き放題の方がコスパが良いよね。iPhoneの音楽聴き放題アプリで、おすすめってある?

コスパを重視したいなら、Amazon Music Unlimited をおすすめします。
Amazonプライムの会員なら、Apple Musicより月に100円お得です。

Amazon Music UnlimitedはAmazonが提供する定額の音楽聴き放題サービス。Amazonプライム会員であれば月額880円で利用できます(非会員は980円)。

Apple Musicは月額980円なので、Amazon Music Unlimitedの方が、100円お得です。

Amazonプライムは、Amazonの会員制サービス。配送料無料、お急ぎ便・日時指定無料、プライムビデオ見放題などがあり、お得なサービスです。

Amazon Music Unlimitedは、Amazonをよく利用する人、他のAmazonのコンテンツを楽しみたい人におすすめのサービスです。

Amazonの Music Unlimitedは、新規に限り30日間無料でお試しできます。ご自身に合うかどうか、じっくり使ってみてください。

詳しい使い方・始め方については、解説記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【2022年版】Amazon Music Unlimitedの始め方・使い方・解約方法【おすすめの音楽聴き放題サービス】 Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)は、豊富な楽曲とアルバムが揃った定額聴き放題サービスです。 Amazon Music Unlimitedの登録手順・使い方・解約方法について説明します。

スマートウォッチ
Apple Watch

Apple Watchって、あると便利なアイテムよね。

腕時計というより、「iPhoneの子機」のようなものですからね。

iPhone 14 Proにおすすめのアイテム〜Apple Watch

Apple Watchは、iPhoneとペアで使うスマートウォッチです。

iPhoneに届いた通知を振動で教えてくれしたり、ナビで合図してくれたりと、便利な機能が満載。

着けてる間、運動量・心拍数・血中濃度などを測ってくれるので、健康管理にも最適です。

Apple Watchの主なメリット
  • 通知を取りこぼさない。
  • 手元でタスクや予定を確認できる。
  • LINE・メッセンジャーの内容が手元でわかる。
  • タイマー・アラームのセットが簡単。
あわせて読みたい
Apple Watchをおすすめする理由~4年使ってわかったメリット・デメリット Apple Watchの通知機能が便利で、毎日欠かさず身につけています。 この記事では、Apple Watchのメリット・デメリットを紹介します。 購入を迷っている方の参考になれば、うれしいです。

iPhoneをさらに使いやすく

この記事では、筆者がiPhoneと一緒に使っているアイテムを紹介しました。

iPhoneは毎日使うもの。アクセサリや周辺機器をそろえると、さらに便利に使えます。

この記事で紹介したアイテムは、私が実際に使っているものばかりです。ぜひ参考にしてください。

iPhoneをもっと活用するには?

iPhoneを持ってるのはいいんだけど、活用できてない気がして…

電子書籍リーダーとして使ってみてはどうでしょうか。
iPhoneはどこにでも持ち出せるので、隙間時間に読書を楽しめますよ。
電子書籍なら、すべての本をiPhoneに入れて持ち運べますし。

電子書籍って便利そうだけど、どこのサービスが良いの?

Amazonの電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」をおすすめします。
扱っている本が豊富で、使いやすいサービスです。

Kindleって、専用の端末が必要なんじゃないの?

iPhone用の無料アプリがリリースされています。
専用の端末がなくても、iPhoneでサクサク読めますよ。

電子書籍って、割高なイメージがあるのよね…

Kindle Unlimitedに登録すると、お得になりますよ。

読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」とは?

「Kindle Unlimited」って、何?

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」は、Amazonの読み放題サービスです。
幅広いラインアップ・手ごろな価格設定で人気のサービスです。

利用中は、対象書籍を何冊読んでも追加料金はかかりません

小説やビジネス書だけでなく、コミックや雑誌もラインアップされています。

定額で読み放題って良いわね!

たくさんの本を読みたい方や、幅広く情報を集めたい方に、ぴったりのサービスです。
新規に限り30日間無料でお試しできます。試しに使ってみてください。

詳しい始め方・使い方を別記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【2022年版】Kindle Unlimitedの始め方・使い方・解約方法【おうち時間にもおすすめ】 Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の登録方法・使用方法・解約方法を解説します。難しい作業は必要ありませんので、初めての方でも簡単です。 最初の30日間は無料で体験できます。 端末を選ばず使えるので、読書好きの方におすすめです。
iPhone 14 Pro 開封

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デジタルガジェット好きブロガー。
このサイトでは、筆者の体験を元に、テレワーク・リモートワークに役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

使用ガジェット・アイテム
デスク周り
スマホ・タブレット関連
カバンの中身

メディア掲載
月刊誌『GoodsPress』(徳間書店)2022年6月号「こだわりの秘密基地と作業捗る小さな書斎」

略歴
1975年生まれ。
島根県松江市を拠点に、WEBクリエイター・カメラマンとして活動。
公式サイト:Jungo Web

タップできる目次